国民のために働かなければならない義務

選挙をすることは、日本でも世界を見てもしなければならないものである。なぜ、このようなことをするかというと、やはり国民の意見を尊重したいからだと言われているのである。

1000年以上前から実際にやられていたという事実も記されているのである。そこには2つの選挙の仕方があり、直接に行うのと間接に行うのがあるのである。

最近では間接にすることが大半であるが、昔は直接に多なうことをやっていたのである。

しかし、最近では間接にすることが多くなっている理由は、まず国民全員が集まるところがないという事なのであるのである。

今や世界の人口は70億人を超えて、今後も人口は増えることが予想されているのである。そこで、色々な地域のところも増えていくので、人口が多くなっているせいで1つのところに集まり切れないのだからである。

もっと、戦況について考えてみると、次は当選のことが思い浮かばれるのである。やはり選挙に当選する事は、実際に政治を行う人たちにとってはかなり大切なものとなっていくのである。

それは、当選するかしないかでかなり自分のしたいことの幅が違って来たり、待遇も違うことがあるからである。

まず前者の方だが、やはり政治家というものは国やそれぞれの地域を良くするために働かなければならないのである。自分たちは誰に任したら国や地域を良くしてくれるかを考えて、票を入れているのでる。

その表には国民のそれぞれの意見が含まれているものなので、政治家は責任や、プライドを持って働いていかなければならないとも言われているのである。

次に後者の方だが、待遇が違ってくるということであるが、もし当選したのであれば、ちゃんと国民のために働かなければならない義務があるのである。

給料が低かったら、その仕事を投げ出しやめてしまう可能性もあるのである。

そこで、そういうしないためにも給料を人並み以上にしたり、他の電車やタクシーなどの交通機関も手厚く対処することにしているのである。

こういう事をしておけば、仕事を辞めることもなく国民のために働いてくれるだろうという認識となっているのである。

選挙についてもう1回考えてみたいが、今の日本では1票の格差というものがかなり問題となってきているのである。

これは、人口の多い都道府県と人口の少ない都道府県の1票の重みの割合を調べてみると不平等となってくることが判明したのである。

このことは国民からも不信感が出てきて、政府が対処したがまだ解決できたとは言えていないのである。なので、この問題の解決が選挙をよりよいものとしてくれるとなっているのである。