ほぼ100%防ぐことは不可能に近い

本来選挙というものは、有権者が選挙を行っている人に対して政治という法の枠の中で入れたいと切に願う人に対して決まったルールの中で投票をしていくものです。

しかし不正選挙というものも事実としてあり有権者の意図している内容とは全く無関係に働いてしまい、本来投票をしている人物とは全く無関係な人物が当選をすることが出来るというものになります。

暴力団や脅迫等を含めて本来行ってはいけない行為を含め票の読み間違え等を行い投票数を操作するものもあります。

不正選挙が常時行われている国においては、発展途上国等では現実的に多くあり中には暗殺や殺人などといった形で当選することを良く思わない結果として命を失う危険性が高い事も場所によってはあります。

買収工作等もあり不正の種類が明白な場合によっては、有権者が不満を持ち不正行為を主なった当選候補を実力で打ち倒すこともあります。

不正には秘密投票というものもあり、この秘密投票においては誰が誰に対して投票をしたのかが明らかにされることがないと言うものです。

メリットとしてはお互いの干渉を防ぐとこに繋がる事が上げられますが、実際には意図して投票の秘密が守られない場合は、投票先指図の開票や公表を強要すると言ってた行為もあります。

開票結果の中身に対しての不満から報復等にも繋がる事もあり安全な形での開示方法としては言い難いものになります。

収賄や贈与等にも繋がりかねない事もあり、正式な形で臨むことが難しくなっていきます。

選挙管理自体が不正を行っている場合に関しては不正自体が発覚することが難しい為、投票の秘密が保証されていないという観点で報復を行うことがじっ実的にある場合において正当な選挙をすること自体が難しくなってしまいます。

収賄に関しても同様の説明が出来るものがあります。

買収を行うと規模が大きければ大きいほど摘発されやすくなってしまうので、買収の影響は実質的に無視をすることが出来るのです。

特定の支持勢力に対しての便宣供与を防ぐ事までは出来ないので、こういった理由の観点から秘密投票はデメリットも多く近年に入り認識が強くなってきているのです。

この方法を世界で初めて取り入れたのは、オーストラリアのタスマニア州といった所になります。

そのためオーストラリア式投票と言った形で表現されることもあります。日本国内の選挙でも採用されている形であり、日本議会の議長選挙では秘密投票が行われています。